2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 時季くれば言われなくても花は咲く | トップページ | 敗戦の教訓未だ生かされず »

2017年4月23日 (日)

一方の当事者の顔どこにある

  自衛隊と、米原子力空母カール・ビンソンの空母攻撃群が共同訓練をするという。
朝鮮半島に有事が起これば、北朝鮮が在日米軍基地を攻撃するというから、わが
国とすれば当然の対応だろうね。

私には朝鮮半島の危機感で、韓国がどんな状況なのか日本に伝わっていないよう
に思える。
本来は朝鮮半島の南北問題であり、韓国は北に直面する当事者の筈だ。

それなのに・・
小はホワイトハウスの報道官が、東海を日本海と呼んだとか、大は大統領選では北
の脅威を真剣に訴えている様子がない。

韓国軍の対応は? 
事が始まれば、韓国兵の大量敵前逃亡が避けられないとも聞く。

ソウル市民の安全や避難の対策は十分か?
などなど・・

日本の報道機関も韓国に遠慮しないで、どんどん彼の国の実状を報告してもらいたい
モノだ。

もっとも彼の国は、かつて争いで自国民を守ったことがないとも聞く。

反日などと言っている場合か!



« 時季くれば言われなくても花は咲く | トップページ | 敗戦の教訓未だ生かされず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一方の当事者の顔どこにある:

« 時季くれば言われなくても花は咲く | トップページ | 敗戦の教訓未だ生かされず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本