2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« がんばったお疲れ様が皆の声 | トップページ | わしゃ藁か言って診てやるかかりつけ »

2017年4月12日 (水)

反日の狭間で揺れてどこへ行く

 北朝鮮問題が緊迫している。

こんなおり、「韓国人による北韓論」(シンシアリー著、扶桑社版)を読んだ。

今の対韓国・北朝鮮関係では、本書の“第六章 韓国「安保」が未曾有の重大危機
局面に”に集約されている。

総括されば、韓国軍は米軍に頼らなければ何もできない・・ということだ。
韓国の保守陣営は、果たして米軍が韓国助けてくれるだろうか、と危惧している。
脅威が目の前に迫っているというのにだ!

この期に及んでも、鼻っ柱だけが強く、自衛さえままならない韓国の実情が見える。

本書から以下の文を引用させていただき、読書感としたい。
“すべてを日本のせいにする「素晴しい漢民族」という教育を施しても、すべて不完
全な美化だけ。その教育を受けて育った韓国の若い人を待っているのは、社会の
歪 みきった上下関係、勝ち組と負け組しか存在しない「二分された世界」。”

“「左派政権の再誕」はその「負け組」たちに、共産主義革命のような何か徹底的に
  既存の世界を破壊するものと見えているのでしょう。”

朝鮮半島の情勢から目が離せないね。
 
 

« がんばったお疲れ様が皆の声 | トップページ | わしゃ藁か言って診てやるかかりつけ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反日の狭間で揺れてどこへ行く:

« がんばったお疲れ様が皆の声 | トップページ | わしゃ藁か言って診てやるかかりつけ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本