2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 共謀罪テロに共鳴動きだす | トップページ | フレッシュになれたね部屋の配置変え »

2017年5月24日 (水)

鉄旅も旅の醍醐味行きたいね

  数日前の新聞を片付けていたら、「手が届く絶景の鉄旅」という特集が
載っていた。(毎日新聞、5/22夕刊)

先日もそうだったが、近頃はつい新幹線を利用してしまう。
新幹線は速くて便利だが、乗車中は旅の情緒を楽しむ雰囲気ではない。
まして、年をとったらユックリと移動を楽しみたいと思っている。

記事のお勧め鉄路は・・
JR因美線、JR肥薩線、JR五能線、JR篠ノ井線、JR予讃線、大井川鉄道、
銚子電鉄の7路線だ。

この内、私は肥薩線、五能線、篠ノ井線、銚子電鉄は乗車済みだ。

いろいろな思い出がある。篠ノ井線を除いてすべて1人旅だった。
肥薩線は八代から人吉まで乗って、人吉から球磨川の舟下りをした。
水量が少ない冬の季節、乗船客はたった4人、その内2人は新婚だった。
舟には炬燵が置かれ、その炬燵の中で新婚さんの足が絡み合う。
景色を楽しむ雰囲気でなかった。
機会があれば鹿児島県の隼人まで乗りたいね。

五能線は、数年前に秋田、弘前を訪ね、岩木山に登った際に利用した。
思いつきの旅で予約が遅れ、リゾート特急に乗れたのは弘前~ウエス
パ椿山間だけだった。素晴しい海岸線を堪能、岩木山の遠望、頂上から
のパノラマ、海岸線にある温泉が魅力的だったね。今度は白神高地だね。

篠ノ井線はわが古里にある。
松本から長野へ向かう時は、千曲川の対岸に、わが実家や私らの墓地ま
で見えるようだ。私ら夫婦は死してこの古里帰る。
小高い墓地から、対岸の坂を上り下りする篠ノ井線の列車を見ることにな
りそうだ。
この地を訪ねられたら、ぜひ姨捨駅で下車して付近を散策してほしい。

ただ乗っているだけの鉄旅でなく、歩きも入れた体験型の旅にしたい。




« 共謀罪テロに共鳴動きだす | トップページ | フレッシュになれたね部屋の配置変え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄旅も旅の醍醐味行きたいね:

« 共謀罪テロに共鳴動きだす | トップページ | フレッシュになれたね部屋の配置変え »

無料ブログはココログ

お気に入りの本