2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ひっそりと植木抜かれて店じまい | トップページ | 少年よいじめ乗り越す気概もて »

2017年5月31日 (水)

飲んべえの声が届かぬ酒値上げ

   ビール類が明日から値上げだそうだ。
私も含めて飲んべえは嬉しくないと思うよ。

ビール類の安売りは許さないという国税庁の方針で、スーパーなどの安売り
に規制をかけ、個人経営の酒屋を救済する目的らしい。
違反すると酒の小売免許を取り上げるとの報道だ。
需要が高まるこの時期に値上げとは、お国もしっかりしている。

酒だけが仕入原価を割っての販売は御法度・・という理屈はオカシイ!
販売店は、店全体で利益を出せばいいんだから、ビール類を特売の目玉に
使っても決しておかしくはない。

零細小売店の救済が目的なら、八百屋、肉屋、魚屋など、大手流通業に破れ
ていった小売店も、同様な恩恵を受けなければ不公平だ。
零細酒店も経済の動きに応じて、対応策を考える・・、これは店主の責任だ。
何で酒だけが例外なのか、私には理解できない。

第一、自由経済では、小売価格の決定は販売者の自由であるはずだ。
国が酒税免許をちらつかせて、販売価格を規制するのは越権行為だろう。

本文を書いていて腹が立ったから、今日の晩酌は少し減らそうと思う。







 

« ひっそりと植木抜かれて店じまい | トップページ | 少年よいじめ乗り越す気概もて »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲んべえの声が届かぬ酒値上げ:

« ひっそりと植木抜かれて店じまい | トップページ | 少年よいじめ乗り越す気概もて »

無料ブログはココログ

お気に入りの本