2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 大統領誰がなろうが通り雨 | トップページ | 追いかける早足ガイド吟行会 »

2017年5月11日 (木)

訊いてみる花街跡かピンク壁

  明日は、5月川柳句会だ。
ただし、いつもの屋内のそれでなく、屋外を歩いて詠む吟行会だ。
隣市の旧日光道中の宿場町を歩き、古い街並みや神社を訪ねるイベントだ。

何の準備もなく、いきなり現地を訪ねて句を詠んでも、納得いく句は出来ない。

それで、今日は・・
かつて歩いた日光道中の旅日記や旅の資料を見て、何句かの句を詠んだ。
そして、数十句の候補句をメモに残した。

これらの句を基に、明日は現地で提出する3句を詠むことになる。

タイトルの句は、旧道に沿って建っていたピンク壁の建物を詠んだもの。
この町の案内資料にも歴史的建築物として、この建物が掲載されている。
街道沿いのくすんだ街並みに、一際この家が目立つ。

今は、医院の建物として利用されているらしい。
近世の建物で、壁がピンクなものを、他所にその例を私は知らない。
明日は地元のボランティアガイドがつくから、その人たちに訊いてみよう。

« 大統領誰がなろうが通り雨 | トップページ | 追いかける早足ガイド吟行会 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訊いてみる花街跡かピンク壁:

« 大統領誰がなろうが通り雨 | トップページ | 追いかける早足ガイド吟行会 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本