2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 六才の孫と風呂浴び老いの春 | トップページ | 亡き父母を高原宿で語り合う »

2017年5月 6日 (土)

シャクナゲもやはり野に咲け意のままに

  昨夜1泊した娘と孫、朝8時過ぎに、次の訪問先へ慌ただしく発って行った。
短い時間だったが、祖父母に楽しい一時を与えてくれた。ありがとう。

今、6日の18時、室内で28度ある(湿度は46%)、暑かったね。

玄関先の植え込み、シャクナゲが弱々しく咲いている。
土を入れ替え、水、肥料を与えれば、もっと元気になるはずだが、面倒だ。

シャクナゲといえば、天城山や甲武信ヶ岳で見たこの花が忘れられない。
特に天城山のそれは花が頭の上で咲いていた。大木で人が花の下を歩くんだ。

甲武信ヶ岳のシャクナゲは、雪に耐えて自生しているもの、逞しかったね。
それに比べれば、わが家のシャクナゲなんと痛々しいことか!

こんなひ弱な花も毎年、何の文句も言わないで目を楽しませてくれる。

  Img_4042

« 六才の孫と風呂浴び老いの春 | トップページ | 亡き父母を高原宿で語り合う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャクナゲもやはり野に咲け意のままに:

« 六才の孫と風呂浴び老いの春 | トップページ | 亡き父母を高原宿で語り合う »

無料ブログはココログ

お気に入りの本