2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 句作りで窒息してる僕の脳 | トップページ | 届いても本が読めない恨めしさ »

2017年5月16日 (火)

ブログでも自分の孫は褒めにくい

  新入学の孫娘Hを学校に迎えに行った。Hが入学して初めて。
娘夫婦が仕事で、またカミさんの都合がつかず、私が名乗り出たワケ。

1.5時間かけて、電車と徒歩で学童保育の建物へ。
名前を呼ばれてニコニコ顔で出てきた。
外から1年1組の自分のクラスを、その前の校庭に作られた花壇にHの
植えた花を私に紹介、小学校生活も順調なようだ。

手をつないで街を歩く。孫とのデートも悪くない。

Hの家で暫く休憩、次いで車でスイミング教室へ。
車を降りれば、そのままスタスタと1人で更衣室へ、私は見学室で水着
姿のHを眺めるだけ・・。バタ足の練習をしているらしい。

終わって近くのコーヒーショップで夕食を2人で摂った。
自分で好きなものを頼み、呼び鈴を押す。手慣れたものだ。

幼いながらながらも、祖父への心配りも忘れない。
でも、その陰にはお菓子または玩具のおねだりが見えるけど・・。

つい6年前には、お乳を飲んでいた赤ちゃんが・と思うと愛おしい!

Hを送って行ったら、婿殿が帰宅していた。これでHとのデートは完了。
濃厚なチューをほっぺに受けて、ホンワカ気分で私は電車に乗った。

   Img_40491_2

« 句作りで窒息してる僕の脳 | トップページ | 届いても本が読めない恨めしさ »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログでも自分の孫は褒めにくい:

« 句作りで窒息してる僕の脳 | トップページ | 届いても本が読めない恨めしさ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本