2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 言わずとも花は勝手に咲いている | トップページ | 百歳と2歳が挟む家族歴 »

2017年6月10日 (土)

亡き父よあんたの子らも老いました

    亡父の三十三回忌法要で古里の信州へ帰った。
亡くなって30年以上、最年長の曾孫も10歳、わが兄弟姉妹4人も老いた。

法要は30分足らずで終わり、墓参りを済まし兄弟家族共々小諸市菱野温泉へ。
いろいろ手配をしてくれた弟夫婦(跡取り)に感謝、父の法事はこれが最後だね。

上信越自動車道小諸ICから浅間山方面へ急坂を上って15分、宿へ着いた。
宿泊は菱野温泉薬師館。にぎやかな一族会になった。

それぞれ入浴、散歩、わが家族はワンちゃん連れの散策、そして懇親会、語らい
で夜は過ぎていった。ここは海抜千メートル、涼しいどころは寒いくらいだ。

妹は、小学校4年生の孫が付き添いだ。孫にアレコレ意見される妹を見ていると
改めて歳月の流れの速さを感じたね。

          宿泊した菱野温泉薬師館

  Img_40661_3 

    ホテル横の薬師堂から眼下を1臨む
   Img_40651_2 

     薬師堂のワンちゃん達(車中泊まりで
  Img_40641_2  

« 言わずとも花は勝手に咲いている | トップページ | 百歳と2歳が挟む家族歴 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡き父よあんたの子らも老いました:

« 言わずとも花は勝手に咲いている | トップページ | 百歳と2歳が挟む家族歴 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本