2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 天気良し千円床屋切れ目なし | トップページ | 文脈は星座わかればご納得 »

2017年6月30日 (金)

引きずれば引きずるほどに太る悔い

 明日からは、もう7月だ。

今日中にやらねならないものに、S市が7月中旬に主催する男女共同参画
サロンに展示する川柳を何句か、それにB大学のオープンユニバースティ
講座の宿題だ。

B大学のオープンユニバースティ講座の宿題は、「悔しかったこと」を
200字でまとめろというもの。評価は内容云々でなく、読む者にとって
納得がいく文章になっているかどうかだ。作文して講師にメールで送る
とアドバイスがついて返送されてくる。
この資料に基づいて来週に講義が開かれる仕組みになっている。

前半を「悔しさ」に対する自分の考え、後半には具体的な事例を挙げる
ことにした。
取りあえず、前半文を以下のように作ってみた。


「悔しかったことを集めれば、大型ダンプ一杯分にはなると思う。
でも、私はその悔しさを全部捨ててきた。理由は、若い時から今まで、
人生航路での決断は、全て自分が行ってきたので、失敗し悔やんでも、
すぐ次のステップを踏まなければならなかったから。いつまでも悔ん
でいても
進歩はしないし、悔やんでいるヒマもなかったとも言える。
 それでも、人生には心ならずも悔しさに身を焼くこともある
こんなことがあった。・・」 、続けて、自分ではどうにもならなかった悔しさ
を書くことにした。

さて、どんなアドバイスがついて戻ってくるのやら・・、
7月早々から楽しみだ。

 

« 天気良し千円床屋切れ目なし | トップページ | 文脈は星座わかればご納得 »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引きずれば引きずるほどに太る悔い:

« 天気良し千円床屋切れ目なし | トップページ | 文脈は星座わかればご納得 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本