2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 少年よいじめ乗り越す気概もて | トップページ | 信頼の絆あってなぜ言えぬ »

2017年6月 2日 (金)

想い遂げ腕を組めたが杖代わり

 6月定例川柳会、先月に続いて自由句で「天」をいただいた。(タイトルの句)

予てから素敵な人だと想っていた地域サークルの女性Aさん、会合が終わったら
リーダーから、Aさんを自宅まで送り届けてほしいと頼まれた。

Aさんの自宅の方向が、拙宅と同方向だったのと、Aさんの体調を慮ったからだ。
まっすぐ歩けないが、リハビリを兼ねて歩いて行きたいとおっしゃる。

そんなわけで、私が杖代わりでご自宅までお送りした。しっかりと腕を組んで!

こんな状態を詠んだ句だった

まあ、誰でも年はとるから仕方ないね。
想いを果たしたというより、責任を果たしたという感じだったね。



« 少年よいじめ乗り越す気概もて | トップページ | 信頼の絆あってなぜ言えぬ »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想い遂げ腕を組めたが杖代わり:

« 少年よいじめ乗り越す気概もて | トップページ | 信頼の絆あってなぜ言えぬ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本