2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 信頼の絆あってなぜ言えぬ | トップページ | 大臣の劣化が目立つ茶番劇 »

2017年6月 4日 (日)

陽が上り花はひっそり消えて行き

  今年また、庭のサボテンの花が咲いた。

私は、この花が好きだ。

夜に咲いて、朝日が当たると徐々にひっそりと萎んでいく。
こんな風に人生も終わりたいものだね。
この年になると真実そう思う。

うっかりすると、気づかぬうちに花を見損なうことが多い。
夜にひっそり死んで、朝に家人がが気が付く。
これでいいんだ。

今17時で、室温26度、湿度は何と23%だ。
汗が全く出ない快適な1日だったね。

 Img_40581_2







« 信頼の絆あってなぜ言えぬ | トップページ | 大臣の劣化が目立つ茶番劇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽が上り花はひっそり消えて行き:

« 信頼の絆あってなぜ言えぬ | トップページ | 大臣の劣化が目立つ茶番劇 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本