2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 三歩先崖とわからぬ絶頂期  | トップページ | 言い訳はバットで返せ山田君 »

2017年6月15日 (木)

近頃は御難続きの旧主国

  テレビで見るロンドンの高層住宅(24階建て、120室)で起きた火災は
凄まじかった。ビル全体に火が回っていたからだ。

400~500人の住人がいて、死亡者は12人とメディアは報じている。
しかし、あの燃え方からして、お気の毒だが、その程度では済まないのでは
ないかと思う。この推測が間違っていることを祈る。

先進国の英国で、ビルの外壁に火が燃え上がって行くとは思っていなかった。
発展途上国ならいざ知らず、英国は厳しい建築の防火基準だった筈だ。

最近の英国はテロなど御難続きだね。
それに高層住宅火災とはお気の毒だ。私は仕事で数ヶ月、英国に滞在して
現地の方々にお世話になった。遠く日本からお見舞い申し上げます。

ビル火災では・・
高層でなくても、旅行で泊まる中層階のホテルも怖い。
一応、チェックイン後、部屋から非常口までを確認するが、火災の際、100%
逃げ切れるという自信はない。寝たら最後、後は運に任せるしかないね。

幸い、最近はビル1棟が、丸焼けになるという火災は起こっていないと専門家
が言っていたが、古いビルなど防火対策が遅れているものも多いと思う。

ここまで生きて来れたのも、たまたま幸運が重なっただけかも知れない。

« 三歩先崖とわからぬ絶頂期  | トップページ | 言い訳はバットで返せ山田君 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近頃は御難続きの旧主国:

« 三歩先崖とわからぬ絶頂期  | トップページ | 言い訳はバットで返せ山田君 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本