2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« これ豪雨九州ばかりなぜ攻める | トップページ | 取りあえずやってしまえとキーを打つ »

2017年7月 7日 (金)

反撃の千切りキャベツてんこ盛り

 7月川柳会、この日のお題は「盛り」だった。
タイトルの句は、私の提出したもので評価は低かった。

夫婦の口喧嘩などで、妻を押さえ込んだ時、妻が腹いせで野菜を切り刻む
風景を詠んだつもりだが、「反撃」が理解されなかったようだ。

評価を聞きながら、先日に読んだ心理学者のアドルフ・アドラーの教えを思
い出していた。
 曰く「他者の課題を切り捨てよ」

今日の句会で言ば・・
私の句の評価は、他者の課題であって私にはどうにもできない。
切り捨ての出来ない人は、他者からの承認欲求にとらわれている人だという。

句を出した時は、自句が最適だと思ったのだから、他者の評価を気にする
必要はない。評価は他者の課題だから、自分が踏み込むべきでないんだ。
そう考えたら、気が楽になった。

私の上の意見を読者は、「負け犬の遠吠え」と聞えるかも知れない。
どうぞ、そう思っても結構です。それは私の課題ではありませんから・・。

また、アドラーの言葉に「他者を評価しない」がある。
これを意識して、メンバーの句の評価時に黙っていたら「今日は静かですね。
この句をどう思いますか?」と司会者、ふられた。

私の返事は「いいですね、元気があって」の一言だけ。

これからはこの意識で会に臨もうかな?

« これ豪雨九州ばかりなぜ攻める | トップページ | 取りあえずやってしまえとキーを打つ »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反撃の千切りキャベツてんこ盛り:

« これ豪雨九州ばかりなぜ攻める | トップページ | 取りあえずやってしまえとキーを打つ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本