2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 1世紀生きて先生名を残す | トップページ | やっぱりね暑さに負けた老いの夏 »

2017年7月19日 (水)

ご当地は雨で悩まずツユ明ける

   待望の梅雨が明けた。
当地は、局地的な豪雨などにも遭わず、いわばカラ梅雨だった。

定期的な検診で歯科医院へ出かけた。
日に3回、歯磨きをしている。特に歯医者へ行く前は念入りだが、
行く度にイチャモンをつけられる。

今日は「奥の歯の裏にブラシが届いていない」と言う。
まあ、裏を返せば自分の歯が全部揃っていて、検診に行っても歯
の掃除だけだから、先生もカネにならない私にイライラしているの
かも・・。

8月の予約のために、開院日を見たら、旧盆を中心に10日以上も
休診になっている。
収入は大幅な減収のはず。よくやっていけるよネ・・と余計なことを
考えながら小銭入れを開けた。

さて、8月には、小学校1年生の孫娘がジジババ宅へ来るという。
それも延べ1週間近いお預かり期間だ。
共働きの父母、それに多分、学童保育もお休みらしい。

宿題を見てくれという、娘の依頼だ。ジイに務まるのかな?

« 1世紀生きて先生名を残す | トップページ | やっぱりね暑さに負けた老いの夏 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご当地は雨で悩まずツユ明ける:

« 1世紀生きて先生名を残す | トップページ | やっぱりね暑さに負けた老いの夏 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本