2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

«  今ピークならばこれから落ちるだけ | トップページ | 自分史は丸めて抱いてあの世行き »

2017年7月22日 (土)

これからも反日続くと要覚悟

 今日も暑い。
17時現在で室温が33度、湿度が52%。
幾らか凌ぎ易くなったのかな、朝より湿度が約10%下がっている。

韓国の新大統領も決まって2ヵ月が過ぎた。
ちょっと時期遅れかと思ったが、「朴槿恵と亡国の民」(シンシアリー著、
扶桑社版)を読み終わった。(「お気に入りの本」参照)

作者の文在寅新大統領の評価と、大統領のこの2ヵ月の足跡を追って
みるのも面白いかも知れない。

彼の国の文化的背景は、シンシアリーの既刊書で読んでいるのでわかっ
ていた。
問題は文在寅という人物は、いったい人物だろうか?
作者は、彼は親北主義者で、ますます「反日」が激化すると予測している。
文在寅の政治思想は盧武鉉元大統領譲りらしい。
今のところ、「反日」の過激な発言は封印しているようだ。

作者に望むことは、韓国でどんな「反日教育」をしているかを書いてほしい。
それも具体的に!
「反日教育」を幾世代にわたって行えば、未来永劫に亘って友好関係など
結べるわけがない。

教育について本書では、“「教育」こそ「群衆心理」の司令塔”と簡単に触れ
ているだけだ。既刊の書でも深い既述はない。

作者は、日本に移住したらしい。
これからもどんどん、彼の国の恥部をあぶり出してほしいね。






«  今ピークならばこれから落ちるだけ | トップページ | 自分史は丸めて抱いてあの世行き »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからも反日続くと要覚悟:

«  今ピークならばこれから落ちるだけ | トップページ | 自分史は丸めて抱いてあの世行き »

無料ブログはココログ

お気に入りの本