2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 敬老会先生方の晴れ舞台 | トップページ | 度が過ぎる戦争ごっこは止めてくれ »

2017年8月28日 (月)

お気の毒収入減ります歯科医院

   月に1度の歯科検診、歯の清掃に出かけた。
朝1番の予約のはずが、既に患者さんがいて、2番目に呼ばれた。
診察時間が10分ほど遅れ、何やら診察室の空気がおかしい。

歯の掃除と歯周ポケットの測定をしてもらった。

終わって、歯科医師は言った。

 「歯周ポケットの改善が見られるので、毎月から3ヶ月毎の通院とします」

毎月の検診、掃除で何年も経つのに、歯周ポケットの減少とは、初耳だ。
こりゃ、「歯医者さんに何かあったんな!」・・と、直感。
逆らうこともないので、「そりゃ、私も助かりますわ」と、答えて診察室を出た。

この日、私より2時間遅れで、カミさんも同じ歯科医院へ行った。
カミさんは、ずっと特定箇所の治療に通っていたし、月1度の検診も受けていた。
やはり、私と同じに「3ヶ月毎」と通告されたという。

ところがカミさん、どうして3ヶ月毎かと受付の女性に聞いたという。
やはり、私が思っていたとおり、保険審査機関から何か指摘されたそうだ。

月に1度の検診は、歯科医師の指示に従っただけだから私には落ち度はない。
私の家から歩いて5分程には、歯科医院が6軒もある。
月に数百円で、歯の健常状態が維持できるなら儲けもんだ。
それに、いくらかでも医科医院の収入が増えれば、医院の為にもなると思ったん
だけど、支払基金は、そうは問屋は卸さななかった・・と、言うところかな。

多分、この歯科医院は診療収入は何割か減るだろうね。
厳しい、競争が続く。 ガンバレ!


« 敬老会先生方の晴れ舞台 | トップページ | 度が過ぎる戦争ごっこは止めてくれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お気の毒収入減ります歯科医院:

« 敬老会先生方の晴れ舞台 | トップページ | 度が過ぎる戦争ごっこは止めてくれ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本