2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 食べながら企業努力の跡探る | トップページ | 挫折した時に勇気をくれる本 »

2017年9月14日 (木)

車なら部品替えれば済む話

  午前中、 鍼灸接骨院へ出かけた。

昨年末に発症した帯状疱疹の後遺症か、左足首が重く痺れる。
昨日、かかりつけ医院の診察ついでに、内科医師の意見を聞いてみた。
帯状疱疹の炎症が消えても、何パーセントかは神経障害は残るらしい。

それでも、医師は、打診など足の動きを診た上で、私が腰痛の持病があ
ると言うと、足首の痺れは腰から来ているらしい・・と告げた。

そして「内科の判断はここまで」とおっしゃった。
整形医の分野と言いたかったんだ。要するに知らないということだね。

今日は,取りあえず上記の接骨院へ行って、マッサージと電気治療を受
けてみた。少し症状をみながら、生活に支障が出るようなら整形科を受
診しようと思う。腰からの症状なら薬の服用で痛み、痺れを押さえたい。
今更、腰の科手術なんか受けたくないから・・。

年をとると、身体のアチコチに不具合が出るのは仕方ない。
でも肉体は1つ、1つの身体の部品毎に修理屋(医者)が違い、総合的に
どう対処するかは、今は患者が決めなければならない。

何かオカシイネ。
一応、総合的に診る医療機関で病状を把握し、そこから専門医を紹介す
るシステムできればいいなあと思う。

今のかかりつけ医にこの役割を期待していて、かかりつけ医もそれなりに
努力をしてくれるが限界を感じる。


« 食べながら企業努力の跡探る | トップページ | 挫折した時に勇気をくれる本 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車なら部品替えれば済む話:

« 食べながら企業努力の跡探る | トップページ | 挫折した時に勇気をくれる本 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本