2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 歩くほど月が後からついて来る | トップページ | ひっそりとわずか一夜の花が咲く »

2017年9月 9日 (土)

両親は?と訊いてくれるな保護者会

 近くの大学の市民フォーラムに参加した。
題して「子どもの豊かな成長と地域社会」
孫を取り巻く地域社会の今は?・・と思いで出かけた。


3人の講師が、それぞれ持論を述べ、その後でパネラーとなって討論した。
今日のタイトルは、この討論中に聞いた言葉で、最近は様々な家族形態があり
必ずしも両親が揃っていないからだそうだ。

最も記憶に残ったテーマは、「子どもの貧困と児童・家庭福祉」だった。

全国の生活保護家庭以下で暮らす子どもの割合(2012年)は全国平均で13.8%

都道府県別では沖縄県の37.5%から福井県の5.5%までバラツキがある。
ちなみに、東京は都は10.3%、埼玉県は12.2%になっている。

大人の貧困、少子高齢化、人口減少、非正規雇用の増加、生活保護受給者増
加などを背景に、子どもの学校外の余暇活動の喪失や、低学力、低学歴化によ
る子供の意欲低下、希望の喪失をもたらしている。

対策として、学習支援(アスポート)が行われていて大きな効果を挙げているが
ボランティアの数が足りない等の問題があると言う。

子ども食堂などのその他の支援事業も進められている。
以上のような様々な例が紹介された。

私はこう思う・・。
上記の対策は、いわば対症療法だね。これはこれで重要だろう。
しかし、長期的には貧困の連鎖を断ち切るのは政治の課題だと思う。

未来のある子ども達が,人生に入り口で大きなハンディに直面するのは、豊かな
社会とは言えまい。誰でもチャンスへの機会は公平であるべきだ。


« 歩くほど月が後からついて来る | トップページ | ひっそりとわずか一夜の花が咲く »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両親は?と訊いてくれるな保護者会:

« 歩くほど月が後からついて来る | トップページ | ひっそりとわずか一夜の花が咲く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本