2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 静けさやサッカー試合闇を裂く | トップページ | 副作用に耐えて効果は2ヵ月後 »

2017年9月 1日 (金)

「相槌を止めても続く孫自慢 節子」

  恒例の川柳会、今月から新年度で、会が発足して5年目に入った。
冒頭に総会を開いて、前年度の決算が承認され、2年が任期の役員
は、全員留任となった。1年分の会費もしっかりと集められた。

句会が始まった。本月のお題は「飽きる」

会員の人気度は中位だったが、講師の評価が高かった2句を紹介する。

タイトルの句、「相槌を止めても続く孫自慢」
会員からは「孫」はみな可愛い、月並みな句だと意見が多かった。 
指導講師が添削すると、「相槌をするから続く孫自慢」

もう1句、「盆帰り見飽きた里に安堵する」
指導講師が添削すると、「ちぎれ雲変わらぬ里に安堵する」

私の句は、どうなったかって?
全然、歯牙にもかからなかった。各々の読解力の相違だろうネ。
今月は披露をご遠慮させていただいた。

« 静けさやサッカー試合闇を裂く | トップページ | 副作用に耐えて効果は2ヵ月後 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「相槌を止めても続く孫自慢 節子」:

« 静けさやサッカー試合闇を裂く | トップページ | 副作用に耐えて効果は2ヵ月後 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本