2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 喜寿だけど何がめでたいこの身体 | トップページ | まだ続く右往左往の政治劇 »

2017年10月 3日 (火)

干し柿を揺らす故郷の風便り

  10月例会のお題は「風」。集められた22句が川柳会事務局から
送られて来た。なお、タイトルの句は私が提出した句だ。

句の作者は、伏せられているのでわからない。
参加会員は、この中から自分の句を除いて3句を選ぶ。
この得点の多い順に、謂わば会の評価が決まるわけだ。
今日現在、私が選んだ3句は以下のとおり。
  
   風向きが変わらぬうちの頼み事
   偏西の風にミサイル乗ってくる
   湯の香り浴衣がそよと連れてくる
 
さて、6日にはどんな結果が出るだろうか。
まあ、選者が変われば選ぶ句も変わる。大上段に構えるはない。
ワイワイ言い合って、名も知らぬ人の句をいじくるのも悪くないね。




« 喜寿だけど何がめでたいこの身体 | トップページ | まだ続く右往左往の政治劇 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿を揺らす故郷の風便り:

« 喜寿だけど何がめでたいこの身体 | トップページ | まだ続く右往左往の政治劇 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本