2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 干し柿を揺らす故郷の風便り | トップページ | 恥ずかしげ隠れてしまう夜半の月 »

2017年10月 4日 (水)

まだ続く右往左往の政治劇

 衆院選挙の公示日(10月10日)に迫るにつれ、政界の動きがますます目
まぐるしくなって来た。

有権者もジックリ考えて上で投票したいものだ。

離散集合を繰り返す政党、その狭間にあって右往左往する議員や元議員。
主義信条を曲げてまでも、新党に鞍替えする元議員たち。

彼らは、日頃口にするほど国民生活のことを考えているのだろうか。
報道を聞いている限りでは、キュウキュウとして議員にしがみつくことしか考
えていないように見える。

どなたかが言っていた。
「彼ら(元議員たち)にも生活がある。多少、考えが違っても選挙に有利な方
にすり寄るのもやむを得ない」・・と。

これはオカシイ。
「政治で飯を食う」という発想が、民主政治とは相容れないと思う。
本来なら、国民の為にと志のある人たちがボランティアでやることだろう。

多くの新人が立候補するようだ。
これらの人々を見極めるのは、残念ながら不可能だ。
でも、出来うる限り考えようと思う。



« 干し柿を揺らす故郷の風便り | トップページ | 恥ずかしげ隠れてしまう夜半の月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ続く右往左往の政治劇:

« 干し柿を揺らす故郷の風便り | トップページ | 恥ずかしげ隠れてしまう夜半の月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本