2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« クジ運は悪いがたまにいいことも | トップページ | 古里の風いっぱいの荷が届く »

2017年11月24日 (金)

銀座でも大声挙げるワケを知る

 

   台湾・中国合作映画相愛相親を観てきた。
昨日のブログでも書いたけど、いただいた招待券を使わせていただいた。

映画館でアジア映画を観るのは初めてだった。

見始めた当初は、ストーリーの概要や展開速度が私の予想と合わななか
ったせいか多少イライラしたが、時間が経つ程に引き込まれて行った。

この映画は、台湾出身の張艾嘉さんが監督と主演を兼ねて出ている。
三つの異なる世代の女性にスポットライトを当てたラブストーリーだという。
確かに、この映画では男性の影は薄い。
いや、中国では女性が強い・・と、言った方が正確かも・・。
ストーリーは英文で「Love Education」というとおり、実際に観て目で感じて
いただきたいが、加えて私にはいろいろな意味で勉強になった。

やはり、中国でも世代間の摩擦が大きい。
それに、一人っ子政策で、背後に老後は夫婦だけになる問題もあるようだ。

中国社会は、日本に比べて情緒が乏しいと感じた。女性も大きな声で自己
主張する。愛情表現は中国の方が積極的と見受けた。

日本人と中国人は同じような顔をしているが、感情表現はむしろ米国に近
いように感じた。
また随所に役所の非能率さも描かれている。

終わって、東京・有楽町から銀座4丁目へ。
相変わらず中国人の団体客が大声で挙げていた。
大声は彼らの文化なんだ。・・と妙な納得をしながら駅へ向かった。



« クジ運は悪いがたまにいいことも | トップページ | 古里の風いっぱいの荷が届く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座でも大声挙げるワケを知る:

« クジ運は悪いがたまにいいことも | トップページ | 古里の風いっぱいの荷が届く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本