2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 大国の狭間で揺れてどこへ行く | トップページ | イナゴ飛ぶ俺もお前も絶滅種 »

2017年11月 9日 (木)

いも掘りの看板目立つ開墾地

  今朝は、最寄駅発の1番電車に乗った。
行き先は都下に住む娘宅、朝の5時は未だ暗い。

用は娘夫婦が出張や早朝出勤で、朝の数時間、孫娘だけの時間に
なってしまうから、いわば孫娘を登校させるまでの見守り役だ。

孫は時間が来ると素早く朝食、身支度を済ませた。頼もしい1年生。
さすが乳児期からの保育園育ち、身の回りの動きはムダがない。

ジイは途中まで、ジイの手を握らせて歩いた。楽しいネ。
これにてお役目は無事終了。 一休みしたが、それでもまだ9時だ。

幸い良い天気、帰宅前に少し歩こうかと思った。
武蔵野線北朝霞駅へ、東武東上線に乗り換えてみずほ台駅で下車。

歩きたいのは、埼玉県三芳町に広がる三富新田だ。
ここは、川越藩主・柳沢吉保によって元禄7(1694)年から約3年かけ
て開拓された所だ。

最初に、三好町の歴史民俗資料館へ。
ところが、いくら歩いても資料館に着かない。
やっと3人目に尋ねた若い娘さんが、スマホで地図を示しながら教え
てくれた。私はガラケーだが、改めてスマホの威力に驚く。

資料館で地図をもらい、ひたすら歩いた。
並木が美しい国道254号線(川越街道)を横切り、淑徳大学前を通っ
て関越自動車道を東草橋を渡り角屋バス停に・・。

関越道を越えると、三富新田の地割を目で確認できる。
開墾時は1戸あたり 間口40間(約72m)、奥行375間(約675m)、広さ5
町歩(5ha)
の屋敷地、耕地、平地林が拡がっていた。壮大な広さだ。

「いも街道」の看板がかかったけやき並木通りを歩く。(写真:上)

建物はいずれも現代のもので、殆どが「いも掘り」の看板を掲げている。
途中に旧島田家住宅があり、往時のすみかを見学できる。(写真:中)

この後、三富開拓農民の菩提寺である多福寺(写真:下、境内の紅葉)
に寄り、関越道を越えて壮大な船津家の屋敷と長屋門を見ながら、途
中でバスに乗り、東上線ふじみ野駅へ出た。

こうして約6時間、3万歩に及ぶ1日の旅は終わった。
なが~い1日だった。  
    Img_41161
    Img_41181
    Img_41211

« 大国の狭間で揺れてどこへ行く | トップページ | イナゴ飛ぶ俺もお前も絶滅種 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いも掘りの看板目立つ開墾地:

« 大国の狭間で揺れてどこへ行く | トップページ | イナゴ飛ぶ俺もお前も絶滅種 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本