2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« さすがプロ自分の記事も活かされる | トップページ | 複眼で眺める歴史明と暗 »

2017年11月17日 (金)

ハガキ来る喪中に込めた気持知る

 

   今年最初の喪中ハガキをいただいた。

手にとってみたら、私にでなくカミさん宛てだったが・・。

亡くなったのは、カミさんの幼友達のご主人で81歳とある。
10月ご逝去だ。ご主人は長く病んでいたという。
どんな人生を歩まれたのだろうか?       <合掌>

私の方はこれからだろう。
私より年上の方はホントに少なくなった。十指に余るほどだ。
年賀状の交換が、徐々に減ってきているのもそのせいだね。

なるべく、この手のお葉書は来ないほうがよろしい。
皆さん、元気で長生きして下さいよ。

ところで・・
だんだん、年賀状の作成も億劫になってきた。
近い親族、家族、ホントに親しい人を除いて、年賀状の投函
を止めたいと思う。 ここら当たりが潮時かもね。




« さすがプロ自分の記事も活かされる | トップページ | 複眼で眺める歴史明と暗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハガキ来る喪中に込めた気持知る:

« さすがプロ自分の記事も活かされる | トップページ | 複眼で眺める歴史明と暗 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本