2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 大相撲政治のうみを覆ってる | トップページ | これもある「見ろ聞け言うな」の三猿も »

2017年12月 7日 (木)

死と税を避けて通れぬこの憂き世

  

 元参議院議員の野末陳平さんが書いた「老後ぐらい好きにさせてよ」
(青春出版社版)を読んだ。(「お気に入りの本」参照)

老後をどう生きるかというノウハウ本は数多いが、本書は文章が平易で
理解力の乏しい私でも、何とか読めて為になりそうに思えた。

「1.老後の居場所は退職前から、探しておく」から「17.老後はお金の欲を
封印せよ」まで、老後についての考えが述べられている。

できたら、60歳前半までに読んでおきたい本だ。
私のように70歳の半ばを過ぎた者には、できることは限られるから・・。
それでも「6.若い人たちとうまくつきあう方法」などは、役に立ちそうだ。

最終章の「老後はお金の欲を封印せよ」、このタイトルの下に書かれてい
る「老いのいましめ17」には“足るを知るものは富む”とある。

無いものをねだっても仕方ない。あるものを活用して生きるしかない。
物よりも健康で平穏無事な生活が続ければ良しとしよう。





« 大相撲政治のうみを覆ってる | トップページ | これもある「見ろ聞け言うな」の三猿も »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死と税を避けて通れぬこの憂き世:

« 大相撲政治のうみを覆ってる | トップページ | これもある「見ろ聞け言うな」の三猿も »

無料ブログはココログ

お気に入りの本