2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 年の瀬のガソリン高は困りもの | トップページ | 年の瀬は何かにつけてせわしない »

2017年12月26日 (火)

双眼鏡覗いてみたが姿なし

   孫がクリスマスイブにわが家に来たと思ったら、今日は私が都下の孫宅
へ出かけることになった。

共働きの娘夫婦、仕事で夫婦が共に帰宅が遅くなる時がままある。
そんな日に孫娘のスイミング教室が重なると、当方へお呼びがかかる。

少し早めに出かけることにした。
途中の乗換駅に近い店に寄って用を足そう、それなら乗換駅の2つ手前の
駅で降り、店、乗換駅へと40分ほど歩くことにした。

県営の広い公園と神社の中を歩くと、初詣の準備が着々と進んでいた。
大きな賽銭受け印象的だった。歩くのは運動不足解消にもってこいだね。

孫娘の出迎えも、少し早めに行って泳いでいる姿を見たかったので、双眼鏡
を持参したが、どこにいるのやら全くわからない。結局諦めた。

見学席がプールの縦の一辺にしかなく、上級になるほど見学席から遠くなる
ためなんだね。見学者は子どもの送迎の父兄だ。話しを聞いていると、わが
子にかける力の入れようは相当なものだ。
自己流で覚えたわが泳法とは大違いだ。

「おじいちゃんはお料理を作らないの?」と余計な質問を受けながら孫と外食。
家に送り届けたら、まだ娘夫婦は帰っていなかった。しばし横になって休む。

帰りの電車は混んでいたね。22時過ぎだというのに満員だった。
働き方改革と言うけど、全然変わってないじゃん・・、全く日本人はよく働くね。

« 年の瀬のガソリン高は困りもの | トップページ | 年の瀬は何かにつけてせわしない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双眼鏡覗いてみたが姿なし:

« 年の瀬のガソリン高は困りもの | トップページ | 年の瀬は何かにつけてせわしない »

無料ブログはココログ

お気に入りの本