2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 本もカネ借りたものなら返すべし | トップページ | 大雪だ天気がらみが恨めしい »

2018年2月 6日 (火)

水道のシステム学びウナギ食う

   良く晴れているが寒い日が続く。

今日は、元の勤務先の仲間4人と浅草でイッパイやる日。
集合は夕方の5時、天気が良いので早めに家を出た。

まず、行ったのは文京区本郷にある東京都水道歴史館、JRお茶の水駅
の北、順天堂横の坂を上がった所があった。入場無料だ。

まず受付で音声ガイダンスを借りた。(無料)
受付嬢が優しく扱い方を教えてくれる。天にも登る思いだ。

こうした場所で、この種の機器を借りるのは初めて、便利さを実感!
江戸から現在までの水道の歴史を学ぶことができた。(写真は長屋風景)

   Img_4140

江戸の技術の高さを象徴するのが玉川上水、多摩川の羽村取水口から
四谷大木戸までの長さ43km、標高差92mを水が流れるように設計されて
いる。100mで21cmの高低差の水路を8ヶ月で完成させている。

更に、明治以降の水道の変遷を見聞きし、最後に東京の水をコップ一杯
いただき館を出た。1時間半の楽しいひとときだった。

約束の5時まで時間があったので、本郷から上野まで歩いた。
このあたり、以外に坂が多い。蔵前通りからは神田明神や湯島天神への
階段や坂が見える。

4人の会食は楽しかった。全員古希を迎えたか越えた者。
そんなシニアが話しながら飲んで、食べて、最後はうな重で締めた。
4人の中で現役は1人、次は彼の別荘で飲むことにして解散。

この日の歩数は16500歩だった。(写真は浅草浅草寺の仲見世)

   Img_4142

« 本もカネ借りたものなら返すべし | トップページ | 大雪だ天気がらみが恨めしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水道のシステム学びウナギ食う:

« 本もカネ借りたものなら返すべし | トップページ | 大雪だ天気がらみが恨めしい »

無料ブログはココログ

お気に入りの本