2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 春のよう身体も動く暖かさ | トップページ | 嬉しいね日本を沸かせた金メダル »

2018年2月16日 (金)

そう言えば作文教育受けてない

 今年の8月で私が所属する川柳会が、設立5年を迎える。
これを記念して句集を出すことになって、私は編集委員を務めている。

今は会員やゲストの原稿が集まって、入力が終わったところだ。

今日は、その入力原稿を校正する日、会の役員、編集委員が集まった。

会員1人当たり、川柳10句と800字程度の文章が割り当てられている。
句は五七五調で紙面上で整然としているが、文章はそれこそ千差万別
で各人の性格が出ていて興味深い。

「文節は短く、結論は文章の初めの部分に持って来い」と教えられたが
確かに、クドクドした文節は読む気をなくさせる・・ものだと実感した。

それに800字で埋めきれなくて、400字で手一杯という人もいた。
長い文章は削れるが、短い文を長くすることは編集者としては出来ない。
各人、それぞれ想いを載せた文章、できるだけそのまま載せたいんだ。

そう言えば学校で、文章の作成方法の教育を受けた覚えがない。
千差万別は仕方ないか!

いろいろ勉強になった時間だった。

« 春のよう身体も動く暖かさ | トップページ | 嬉しいね日本を沸かせた金メダル »

サークル活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そう言えば作文教育受けてない:

« 春のよう身体も動く暖かさ | トップページ | 嬉しいね日本を沸かせた金メダル »

無料ブログはココログ

お気に入りの本