2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ご飯だよ呼ばれる日々のありがたさ | トップページ | 値上りでカット野菜に陽が足り »

2018年2月 3日 (土)

多すぎてニュースの裏が見えにくい

   最近、つくづく思うことは、ともかく情報量が多過ぎるということだ。

わが家の情報取得手段としては、テレビ、ラジオ、新聞紙2紙(一般紙、経済紙)
インターネットなどだが、これらを満遍なく俯瞰するだけでも難しい。

それぞれの特性に利用したいと思っている。

昨日の夕刊M紙の特集ワイド「トリプルバブル行き先は」と、N経済紙の「進むシ
ルバー民主主義」はニュースを理解する上で役立ったと思う。

バブル関連では、仮想通貨は失速、株や不動産が値上がりしている。
株高の原因は、年金積立金管理運用独立行政法人を通じて流れる公的マネー
らしいという。事実、ネットでは年金運用で巨額の利益が出たと伝えている。

株価の動きを日米で比較すると、その動きは驚くほど似ている。
株高は世界的なもので、アベノミクスの成果と言えないようだ。

経済紙の記事について・・
「東京都の闇を暴く」(「お気に入りの本」参照)の中に、保育園問題が載っている。
これを絡めて読むと、実にN紙のグラフに強烈な印象が残る。
保育園(待機児童問題)は将に「シルバー民主主義」の犠牲になっているようだ。

こうして情報を読み比べると、新聞は捨てがたい。
ある調査によると、新聞をとっていない世帯は4割近いらしい。

« ご飯だよ呼ばれる日々のありがたさ | トップページ | 値上りでカット野菜に陽が足り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多すぎてニュースの裏が見えにくい:

« ご飯だよ呼ばれる日々のありがたさ | トップページ | 値上りでカット野菜に陽が足り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本