2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« それぞれに想うあの日の大震災 | トップページ | 乗せられた箱入り妻の勇み足 »

2018年3月12日 (月)

お大事に言って診察室を出る

  薬が切れたので、夕方、診察のためにかかりつけ医に行った。

診察や今後の治療についての質疑応答が終わった後で、医師が
「実は、私もあなたと同じ病気です」と言い始めた。

発症箇所は、私と違って日常頻繁に使われる身体箇所だそうだ。
この病気の痛みは、将に激痛だ。その上、更に身体動作に差し障り
があると聞いて、本当に気の毒だと思った。
罹患した者しかわからないろうね。

同じ症状で医師で、医師と語り合ったのは初めてだ。
文字通り「同病相憐れむだね」と笑い合った。(笑い事ではないが・・)

医師も病気になるなんて、普段は思わないよね。
いつもとは逆に「お大事に」と言って医院を後にした。





« それぞれに想うあの日の大震災 | トップページ | 乗せられた箱入り妻の勇み足 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お大事に言って診察室を出る:

« それぞれに想うあの日の大震災 | トップページ | 乗せられた箱入り妻の勇み足 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本