2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 今年また仲間に会えるありがたさ | トップページ | 熟年の真っ只中で生きている »

2018年3月22日 (木)

出産を男わからぬ理不尽さ

 
新聞の書評欄にあった「きみは赤ちゃん」(川上未映子著、文春文庫)を
読んでいる。

本来なら、読み終わったら書くことにしているブログ、今回は読みかけで
書くことにした。図書館からの借りだし期限が迫っているからだ。
どうしても、前の本読みが遅れ押せ押せで、今の本にシワ寄せがくる。

読み始めて、ひらがなの多い文面に戸惑たったが、そのうちに著者の
表現力にぐいぐいと引き込まれていった。

感動のピークは、前半では帝王切開による出産の場面だろう。

新聞の書評欄にはこう記されている。(劇作家・演出家、平田オリザ氏)
“著者が妊婦として新しい生命の誕生
に真摯に向き合い、過剰なほどの
の感受性を持って悩み、自答自問し、ときに涙し、そして一つ一つの事
項に回答を見つけていく過程にある。”

こうした妊婦の悩みについて、出産、子育てをほとんど担う女性の悩みに
ついて、男は理解していないと、著者は書いている。

今更ながら、子供2人を生み、育てたカミさんの心理に思いを馳せた。
やはり、母子の絆は、男親と子とのそれとは段違いに強いようだ。

さあ、夜を徹しても子育て編を読まなきゃ・・。

« 今年また仲間に会えるありがたさ | トップページ | 熟年の真っ只中で生きている »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出産を男わからぬ理不尽さ:

« 今年また仲間に会えるありがたさ | トップページ | 熟年の真っ只中で生きている »

無料ブログはココログ

お気に入りの本