2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 人間の作何とかなるさこの程度 | トップページ | お大事に言って診察室を出る »

2018年3月11日 (日)

それぞれに想うあの日の大震災

 
 今日は、東日本大震災から7年経った鎮魂の日。

あの日も晴れていた。
地震発生時、私らは、グループで茨城県の筑波山梅林からの下山中だった。
大地、木々、電柱が揺れ、露天商のガスボンベが今にも転がって来そうだった。

何とか、避難場所の小学校までたどり着き、寒い一夜を明かした。
避難所は幸い電気、水は止まらず、テレビが伝える被害状況を食い入るよう
に眺めていた。地震、津波の被害に遭ったり、原発の影響を受けた方々を思う
と胸が痛む。

今日のネットを眺めていたら、こんな記事 が載っていった。
当時の原発の副所長だったという。記事を見ると同じ学校の卒業生で先輩だ。
卒業生名簿を調べたら、確かに私より3期前に卒業している。

現場の責任者として、心の葛藤があったのだろう。こういう先輩もいるんだね。

しかし、本当の責任者は、原発推進を推し進めた政治や東電の経営体質に
問題があったと思う。まず事故を総括して、何に問題があってこうした結果に
なったかを明らかにし、事故を二度と起こさないこと誓うことが、本当の鎮魂
だと考えるけど・・。そうしたことはやられていないようだ。

« 人間の作何とかなるさこの程度 | トップページ | お大事に言って診察室を出る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれに想うあの日の大震災:

« 人間の作何とかなるさこの程度 | トップページ | お大事に言って診察室を出る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本