2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 取りあえず6年命儲けもの | トップページ | 驚いたこんな輩が幹部とは »

2018年4月18日 (水)

シンゾーの留守はセクハラてんこ盛り

 安倍首相は、柳瀬元首相補佐官らを連れてトランプ参りで米国へ。

留守番役の麻生副総理は、部下の次官のセクハラ疑惑でテンコマイ。
地方では、新潟県知事の援助交際による辞任騒ぎだ。
春になったら、政界の中年男たちが急に性に目覚めたような気配だ。
日本の国鳥はキジだが、春先、キジの雄は着飾って大声で牝を呼ぶ。
まったく、キジ同様の賑やかさだね。元気が良くて結構だ。


先日の新聞に、わが国に拡がらない“MeeToo”との記事があったが、率
先してセクハラを排除しなければならない官僚のトップが、この有様では
まだまだ日本はこの面では後進国と言われても仕方あるまい。

新潟県の知事さん、複数の女性相手に援助交際とは・・。
余程、ヒマか体力が有り余っているんだね。羨ましい!
いっそ開き直って、有り余る体力を県政に捧げてみたらいかが・・。
きっと、県民の生活はピンク色に染まると思うよ。

« 取りあえず6年命儲けもの | トップページ | 驚いたこんな輩が幹部とは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンゾーの留守はセクハラてんこ盛り:

« 取りあえず6年命儲けもの | トップページ | 驚いたこんな輩が幹部とは »

無料ブログはココログ

お気に入りの本