2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 若者の中で戸惑うシニアたち | トップページ | 迷わずに翔平を見る朝テレビ »

2018年4月 8日 (日)

生きる意味なくす苦しみどう避ける

   昨夜、カミさんの実家を継いだ義弟から電話で、義兄の入院を伝えてきた。
義兄の入院先は、わが家から電車で1時間余の町にある。

今朝、カミさんと二人で見舞に出かけた。
義弟夫婦とは病院で落ち合うことにした。

義兄は連れ合いと死別、昨年3回忌法要が済ませたばかり、独り住まいだ。
近隣に住む2人の子どもから、時々、サポートを受けていたという。

体調の変化に気づいた義兄が、自分で救急車を呼んだそうだ。
早く病状が安定し、少しでも体力が付くように祈っている。
そして、精神的に強くなってほしい。このことは自分にも当てはまる。

幸い孤独死にはならなかったけど、多くの問題点が浮上したと思う。

わが家も他人事ではない。いずれは自分も向き合うことだからだ。
少子高齢化に伴う具体的な社会福祉政策云々ではなく、老年期の精神的な
喪失(スピリチュアル・ペイン、spiritual pain)について考えてみたい。

今野義孝氏によると、老齢期における尊厳や生きる意味の喪失の苦しみに
は以下の3つに分けられるという。
 ☆ 時間的な存在(過去ー現在ー未来のつながり)を失う苦しみ
 ☆ 自立的な存在(主体性をもった自分とのつながり)を失い苦しみ
 ☆ 関係的な存在(他者やコニュニティとのつながり)を失う苦しみ

高齢になると、とりわけこの種の痛みに真っ正面から対峙するスピリチュアル
・ケアが求められているようだ。











« 若者の中で戸惑うシニアたち | トップページ | 迷わずに翔平を見る朝テレビ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きる意味なくす苦しみどう避ける:

« 若者の中で戸惑うシニアたち | トップページ | 迷わずに翔平を見る朝テレビ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本