2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 佐野ラーメン旅行の最後締めくくる | トップページ | 泰山鳴動して何が出たんだ? »

2018年6月11日 (月)

同病の医師は他人と思えない

 

  台風5号の影響下で風雨が強い中、いつもの薬が切れたのでかかりつけ医
に出かけた。

薬の処方箋だけ貰おうと医院の扉を開けたら、待合室に患者はゼロ、静かだ。
この雨風の中に、緊急でない患者が来るワケがないね。

それなら先生とユックリ話ができる。そう考えて方針を転回して診察室へ。
 「お変わりないですか?」と、先生。
会話が始まった。

この1ヶ月、私の体(内科的な状況)について大学病院での診察を含めて報告。
同病の、このかかりつけの先生、大学病院の私への処置について
 「ほう! いいことを聞きました」と、自分のノートに書き込んでいた。

その他、諸々の体調の変化とその処置について語り合い、意見を聞いた。
そして最後に・・
「患者さんの生活の流れの中で病気を診るようにしています」

良い心がけだけど、患者が多いとそんなワケにも行かないかもネ。

« 佐野ラーメン旅行の最後締めくくる | トップページ | 泰山鳴動して何が出たんだ? »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128770/66821678

この記事へのトラックバック一覧です: 同病の医師は他人と思えない:

« 佐野ラーメン旅行の最後締めくくる | トップページ | 泰山鳴動して何が出たんだ? »

無料ブログはココログ

お気に入りの本