2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« どう見てもこれが実像俺の顔 | トップページ | 悲しいね身につまされる子供の死 »

2018年6月17日 (日)

比べないわが身第一それベスト

 「老いの冒険」(曽野綾子著、興陽館版)の内容は、著者の数多いシニア向け教訓
版の1冊だった。考えてみれば、老いたる物への教訓など無尽蔵にあるわけがない。
                                     (「お気に入りの本」参照)
それでも、なるほどと再認識した項目があった。
それは、「楽しいことを楽に見つけるには」(同書28頁)の項目だ。

引用すると・・
“人と比べることをやめると、随分自由になる。”
“限りなく自然に伸び伸びと自分を育てることができるようになる。つまり自分の得手
 とするものが見つかるのである。”・・と書いている。

その後は男の料理を例にとって説明しているが、何も趣味だけの世界ではあるまい。
シニアともなれば、今の生活を楽しむのが最大の生きる方策だ。
人と比較して、それを羨んでも何も心は満たされるわけではない。

自分としても、「他人は他人、俺は俺」と割り切れば、今の自分が楽しめる余地は十二
分にあると実感している。ホントに心が自由になるんだ。

心理学者のアフラーも言っている。「他人は私のために生きているんじゃないんだ。」

« どう見てもこれが実像俺の顔 | トップページ | 悲しいね身につまされる子供の死 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比べないわが身第一それベスト:

« どう見てもこれが実像俺の顔 | トップページ | 悲しいね身につまされる子供の死 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本