2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 姦しやジジイ3人車旅 | トップページ | 同病の医師は他人と思えない »

2018年6月10日 (日)

佐野ラーメン旅行の最後締めくくる

 
  Aさんが所有するリゾートマンションの一室は最上階の14階だった。、
窓から見る景観は素晴しかった。向かいの山は頂が尖った独特の姿で、その山
裾にはスキー場が広がっている。(下の写真、道路は関越道)

昨夜は日付が変わる時刻まで、飲み、食べ、語り合った。
夕食前に入った風呂は1階の大浴場、露天風呂あり、ほぼ貸し切り状態だった。

今朝は5時に入浴し、朝食はAさんが作ってくれた。我らまた語り合った。

後片付けをして、Aさんの見送りを受けてはマンションを退去した。

Bさん、Cさんは赤城山に行ったことがないと言うので、お天気次第で考えようと
取りあえず出発した。けれど長~いトンネルを抜けると台風の影響か雨模様。

山を諦め、一路、栃木県佐野市を目指す。佐野ラーメンを食べようと言うわけだ。
佐野ICで降りて、栃木フラワーセンターを見学(この日は「栃木県県民の日」とか
で入場無料だった)、その後、佐野ラーメンの有名店「おぐら屋」へ。

店頭は沢山の人が行列を作て順番を待っていた。
辛抱強く順番をまって、佐野ラーメンと餃子を食べた。Bさん、Cさんも満足したよ
うだ。

こうしてジジイ3人の旅は終わった。多分、2日間で600kmは走ったはず。
Bさん運転ありがとう。Cさん車の提供に感謝します。

     20180610img_4174

« 姦しやジジイ3人車旅 | トップページ | 同病の医師は他人と思えない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128770/66818307

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野ラーメン旅行の最後締めくくる:

« 姦しやジジイ3人車旅 | トップページ | 同病の医師は他人と思えない »

無料ブログはココログ

お気に入りの本