2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 国2つ間に海があって良し。 | トップページ | とりあえず免許更新するけれど »

2018年7月17日 (火)

海は父母潮騒母の子守歌

 

  こうも連日猛暑が続くと、何事も億劫になる。

常時、暑い国は経済発展が遅れる理由がよくわかる。
気力が湧かないんだよね。
それでも、朝の通勤風景を見ていると、背広を着ているか、抱えているサラリ
ーマンも結構多い。もういい加減に天候に着ているものを合せたらどうかね・・。
余計なお世話かもしれんけど。

さて、8月の川柳句会、私にとっては最後の句会の宿題句(課題句)の締切り
が迫ってきた。お題は「海」だ。
山国生まれの私は、元来、海に馴染んでいないと思う。
けれど、生物の発生の源は海だと言う。ならば、海は人類の先祖になるわけだ。
そんな思いでタイトルの句を詠んでみた。それに「潮騒」を入れてみたかった。

また、「戦い船涙している真珠湾」、この句も詠んだ。
でも、待てよ!
恐らく、句会の会員の殆どは戦後生まれだろう。
真珠湾、日本軍の攻撃、第2次世界大戦、戦艦アリゾナ、アリゾナの涙などは
ご存知ないかも知れない。それをわざわさ説明するのは面倒だ。

真珠湾のアリゾナ記念館が出来たのが1962年、私はその数年後に出張の帰
路に寄った。まだ沖縄の返還前、米国人の冷たい眼差しに心穏やかでなかっ
たことを覚えている。どうしても海と聞けば、戦争、真珠湾を連想してしまう。

まあ、暑い日にいろいろ考えても支離滅裂になるばかりだ。
「海は父母潮騒母の子守歌」で行こうと思う。聞き手を斟酌するのは止めよう。

« 国2つ間に海があって良し。 | トップページ | とりあえず免許更新するけれど »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海は父母潮騒母の子守歌:

« 国2つ間に海があって良し。 | トップページ | とりあえず免許更新するけれど »

無料ブログはココログ

お気に入りの本