2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 酒盛りをしてる程度の危機管理 | トップページ | 御嶽海勝ちっぱなしで中日越え »

2018年7月14日 (土)

そろそろと下ろう坂を時勢なら

 

 今、14日の16時半だ。
エアコンを使っていない室温は35.8度、湿度は41%だ。

この湿度だと、多少暑くても風があれば過し易いはずだが、肝心の風
がないから、ジットリと汗が噴き出してくる。蝉の鳴き声がうるさく感じる。

エアコンは就寝時に1時間と決めている。(時々、セットを忘れるが)

こんな日は、扇風機を強にして、横になって本でも読むのが一番だ。

平田オリザ著「下り坂そろそろと下る」(講談社現代新書)を読み切った。
久しぶりにうなずける内容があった本だった。(「お気に入りの本」参照
序章から終章までの全7章のうち、4章までが国内の具体的な地域興
しの例、5章が近隣諸国との関係、5章、終章がまとめの文章だ。

  
ゆっくりとした下り坂には、真の地方創生が必要だ。
地方創生に は、序章で掲げた3つの寂しさに向き合うことになる。

1. もはや日本は、工業立国ではない。
2. もはや日本は、成長社会ではない。
3. もはやこの国は、アジア唯一の先進国ではない。
この3つを直視して、“競争と排除の論理から抜け出し、寛容と包摂の
社会へ。道のりは長く厳しいが、私はこれ以外に、この下り坂を、ゆっ
くりと下っていく方法はないと思う”・・と結んでいる。

« 酒盛りをしてる程度の危機管理 | トップページ | 御嶽海勝ちっぱなしで中日越え »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128770/66939757

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろと下ろう坂を時勢なら:

« 酒盛りをしてる程度の危機管理 | トップページ | 御嶽海勝ちっぱなしで中日越え »

無料ブログはココログ

お気に入りの本