2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 進学で壁にぶつかる施設の子 | トップページ | 手に鋏やはり野で咲け秋の花 »

2018年11月15日 (木)

そういえばお前もオレと半世紀

   

 小春日和の午前中、猫の額ほどの庭のモクレンと五葉松の剪定をした。 

モクレンは枝が真っ直ぐ上に向って伸びる。

人間の頭に例えれば、数十本の頭髪が天に向って伸びているようだ。
春の落花後と秋の落葉後に上に伸びた枝を切っている。
来春の開花が楽しみだ。                  (写真の左奥の木)

五葉松は、カミさんと結婚した時に今は亡き父よりお祝いにもらった木だ。
半世紀、わが夫婦と子ども達を見守って来た。
この木が喋れるなら、いろいろ辛辣な意見を持っていると思う。
そんな想いを持ちながら、伸びた枝先を1つずつ切っていった。
日頃の手入れ不足を詫びながら・・。           (写真の手前)

  Img_42001  


« 進学で壁にぶつかる施設の子 | トップページ | 手に鋏やはり野で咲け秋の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういえばお前もオレと半世紀:

« 進学で壁にぶつかる施設の子 | トップページ | 手に鋏やはり野で咲け秋の花 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本