2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 今度また去年(こぞ)のリンゴの礼言われ | トップページ | いつまでも居ると思うなこの仲間 »

2018年11月26日 (月)

年賀状作れば防ぐ認知症

 
 認知症療法で「回想法」が有効だという。
回想法の手段として、まず今までの思い出をノートに書き出してまとめ、そこから
自分史作る作業があるらしい。

これから2019年の年賀状作成期に入る。
そこで、認知症予防財団の監修で作成された「思い出ノート」を使って年賀状を作
ろうというワークショップに参加した。
今日の午後、場所は新宿駅南口に近いのビル。

私は自分が認知症とは思っていない。参加の動機は、年賀状作成の新アイデアが
あればと考えたに過ぎない。、

ワークショップの成果は・・
特に楽をして、これは!・・と、思う新アイデアはなかった。
 ・相手の身に沿って作る。(趣味、祝い事、関心事など)
 ・昨年の総括と今年の抱負
 ・こちらの近況報告
 ・相手へのひと言。
 ・手書き文字によるコメントを入れる。
・・などなど・・ 
特に斬新なものは見当たらない。やる気があればそれなりに作れるはずだ。

年賀状も含めて、思い出ノートを活用すれば認知症も予防できると考えた方が良い
と思う。
確かに「思い出ノート」(毎日新聞社版、(公財)認知症予防財団監修)は書き易い。
このノートにまとめられた思い出を基に、年賀状を作ったらという提案だったと思う。

久しぶりの新宿駅、南口の他に新南口だが出来ていて戸惑った。
それにNYの5番街を思わせる人の波、行き交う外人と外国語、東京の変化は凄い。
 

« 今度また去年(こぞ)のリンゴの礼言われ | トップページ | いつまでも居ると思うなこの仲間 »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128770/67424606

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状作れば防ぐ認知症:

« 今度また去年(こぞ)のリンゴの礼言われ | トップページ | いつまでも居ると思うなこの仲間 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本