2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« やってみりゃ底なし沼の家事負担 | トップページ | 条件を付けずに祝え誕生会 »

2018年11月11日 (日)

年ごとに脚立乗る度足震え

 
    昨夜、同郷の友人から、今月下旬にイッパイ飲もうと連絡が入った。

仲間とは季節毎に会おうと決めているが、電話の彼とは5月に会ったきりだ。
多分、5~6人の参加者数だと思うが、お互いに思い切り喋り合う時間は楽
しい。早速、参加の連絡をした。

今日は、昨日に続いて秋晴れ、風もない。
庭のヒマラヤ杉の剪定を行った。
この木は、隣家との境界付近に立っていて、枝が伸びる隣家の領域を侵す
ので、晩秋のこの時季に剪定をすることにしている。

大した作業ではないのだが、脚立に登って剪定鋏を使うことが、年々辛くなっ
てきている。剪定作業中の事故を聞く度に、自分に起こらぬように細心の注意
をはらっている。

まあ、なんとか無事に作業は終わった。
昨年に比べて、若干作業が雑になった(切れ忘れた枝が残った)ような気がす
るが、出来映えはともかく無事だったことが嬉しい。

今日から大相撲が始まった。
今場所ただ1人の横綱稀勢の里と、同郷力士の関脇御嶽海も負けてしまった。
残念!

« やってみりゃ底なし沼の家事負担 | トップページ | 条件を付けずに祝え誕生会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年ごとに脚立乗る度足震え:

« やってみりゃ底なし沼の家事負担 | トップページ | 条件を付けずに祝え誕生会 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本