2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 体罰は意外に浅い歴史もち | トップページ | 来年も生きるつもりと手帳買う »

2018年11月 8日 (木)

ひと手間をかければ変わる裏の柿

 

 今年も、わが家の裏の柿の木にビッシリと柿が実った。

この柿の木、実はわが家のモノではない。
柿の木は、すぐ先の農家のモノだ。それに柿は渋柿だ。

渋柿だから、いかなる鳥も見向きをしない。
たまに、所有者の農家が採っているが、殆ど朽ちるに任せている。
ちょうど、私の帰宅時に農家の奥さんが柿を採っているとがころだった。

 「こんにちは、お宅は干し柿を作るの?」と奥さんに訊かれる。
 「作りますよ。先日もいただいた渋柿で作りましたよ」と答える。
 「それじゃ、少し上げるから干し柿を作ったら・・」と仰った。

そう言えば、この柿の木に実がなって以来、柿の収穫に農家の方と
出会ったことがない。渋柿と聞いていたから欲しくもなかったし・・。

以前、他の方からいただいた渋柿で、初めて干し柿を作って以来、
その美味しさに引かれ、機会があればまた作りたいと思っていたの
で、遠慮なくいただくことにした。

皮をむかれた柿が、自室のベランダにぶら下がっている。
どんな味になるか楽しみだ。味が良ければまたいただくことにしよう。

  
Img_41941 

  Img_4195
 

« 体罰は意外に浅い歴史もち | トップページ | 来年も生きるつもりと手帳買う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128770/67360658

この記事へのトラックバック一覧です: ひと手間をかければ変わる裏の柿:

« 体罰は意外に浅い歴史もち | トップページ | 来年も生きるつもりと手帳買う »

無料ブログはココログ

お気に入りの本