2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 条件を付けずに祝え誕生会 | トップページ | 進学で壁にぶつかる施設の子 »

2018年11月13日 (火)

一歩ずつ暮れの気配が忍び寄る

 

  喪中ハガキの第1号が古里から届いた。
嫁ぎ先の義祖母が100歳で亡くなったと書かれている。

ご多分にもれず古里も高齢化が進む、今暮れは果たして
何通の喪中ハガキが届くのだろうか・・。

都下に住む娘からメールが届いた。
年末年始に里帰りしていいか、との問い合わせだ。
いつもと違い、カミさんでなく私にメールが来た。
体調の悪いカミさんを気遣っての問い合わせだと直感・・。

もちろん、気遣いなくおいでと返信、大したもてなしは出来
ないけど、こっちは孫の顔を見たいと思っているからね。
少しずつ、暮れの気配が感じられる頃となった。

« 条件を付けずに祝え誕生会 | トップページ | 進学で壁にぶつかる施設の子 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一歩ずつ暮れの気配が忍び寄る:

« 条件を付けずに祝え誕生会 | トップページ | 進学で壁にぶつかる施設の子 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本