2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 新旧が目立つ駅前一等地 | トップページ | デカデカとネットでどうぞ勇み足 »

2018年12月18日 (火)

首都圏にあるぞドン様遙拝所

   「朝鮮大学校物語」(ヤン ヨンヒ著、KADOKAWA版)を読んでいる。
都下の住む娘一家に比較的近い所に、もう一つの北朝鮮があるとは知らなかった。

朝鮮大学校というタイトルから、この学校の内容紹介のドキュメンタリーかと思って
いたが小説だった。主人公は大阪からこの学校へ入学した女性だ。
小説だから、事実と違う記述があるかも知れない。
ただ、これまで本書をよんだ範囲では、ここは日本ではないと言えそうだ。

全寮制、日本語禁止、無断外出禁止など、日本の大学内容とは大いに異なる。
首領様の個人崇拝や総括など日常的に行われている。
日帝という文字も頻繁にこの小説でには登場する。

国交のない国での自国民教育、何か違和感を感じるね。。
単なる小説の世界であってほしいものだ

« 新旧が目立つ駅前一等地 | トップページ | デカデカとネットでどうぞ勇み足 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏にあるぞドン様遙拝所:

« 新旧が目立つ駅前一等地 | トップページ | デカデカとネットでどうぞ勇み足 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本