2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 拘置所も一畳あれば眠られる | トップページ | 柚子湯浴び冬至の意味を考える »

2018年12月21日 (金)

見栄で乗るイタ車部品で高くつき


  数年前に娘が乗っていた車を、娘の都合で引き取った。(買い取らされた)
その車のエンジンを3日振りにかけようとキーを回したが、バッテリー上がりのひ
弱な音が出るばかりでエンジンがかからない。

明朝、カミさんが車を使うというので、確認したらこんな状態だった。

車は今朝まで3日間のお休み、この間、気温は10度程度だったから通常ならバッ
テリーがあがるワケはない。保険会社のロードサービスを利用して回復させた。
念のため、現バッテリーの取り付け日付を確認したらもう5年前も経っていた。

これはもうバッテリーの寿命だね。取り替えることにした。

いつもの修理工場へ持って行っても、直ぐには新品と交換できない。
車はイタリア車だからだ。部品類は輸入品だから常時手に入るワケではない。

そこで、国道沿いの自動車部品チェーン店で話しを聞いてみた。
やはり、取り寄せで1~2週間かかり、年末年始で更に時間がかりそうだという。
しかも、価格は4万円以上で前払いとのこと。

ここで、この時期のバッテリー交換は諦めた。どう転んでも明日には間に合わぬ。
正月明けまで、車を欺し欺し動かすしかないね。

それにしても、何を好んでイタ車になんか乗っていたんだろうか。
小さな故障はしょっちゅうだし、部品価格は高く、修理に時間もかかる。

« 拘置所も一畳あれば眠られる | トップページ | 柚子湯浴び冬至の意味を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見栄で乗るイタ車部品で高くつき:

« 拘置所も一畳あれば眠られる | トップページ | 柚子湯浴び冬至の意味を考える »

無料ブログはココログ

お気に入りの本