2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 3割は彼岸におわす諸先輩 | トップページ | 何やらに鯨にこもる黒い影 »

2018年12月26日 (水)

平凡がベストだったと身に染みる

  2018年もあと6日、改めてこの1年を振り返ってみたい。
今年を端的に言えば、私にとって平凡で淡々と過した年だったと思う。

漢字1字で表わせば、「健」とも書けるかも知れない。
いつも身体のどこかが痛いか痺れるかしているが、それでも検診数値
面では悪い結果は出なかったのは朗報だった。

平凡でも5つほど記憶の残ったことを書きだしてみた。
1. 年4回のがん術後検診で、検診数値は安定していたこと。
  昨年、服用した薬は1回も使わなかった。
2. 市の検診で対象となったすべての数値は正常だった。
  逆に身長が昨年より1mm伸びていた。
3. 運転免許証の更新が無事終了した。初めての認知検査も問題なし。
4. 5年間学んだ川柳会を卒業した。例会は皆勤だった。
5. 仲間と新潟へ1泊旅行した。

最大の喜びは、主治医から「もうがんで亡くなることはないですよ」・・と
言われたことだった。でも、身体のどこかにがんが潜んでいるそうだ。
まあ、がんと上手く共存していくしかないね。

« 3割は彼岸におわす諸先輩 | トップページ | 何やらに鯨にこもる黒い影 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平凡がベストだったと身に染みる:

« 3割は彼岸におわす諸先輩 | トップページ | 何やらに鯨にこもる黒い影 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本