2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 平凡がベストだったと身に染みる | トップページ | 女房を持ち上げ励む大掃除 »

2018年12月27日 (木)

何やらに鯨にこもる黒い影

  日本が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退するそうだ。

新聞に“国際社会は「わが世」ではあるまい”と載っていた。
“席を蹴って孤立した歴史の教訓はどこへ”と続く。

鯨肉と聞けば、私の成長にも大きく貢献してくれたと思う。
戦後の食料事情を想うと、鯨の大和煮は美味しいの一語に尽きたね。

時は移り飽食の時代になった。
鯨を食べることも殆ど無くなった。食べらぬならムリに食べなくても済む。
捕鯨漁も大幅に少なくなり、捕鯨漁に携わる人たちもごく僅かなはずだ。

そんな中での、国際機関からの脱退だ。
国際連盟脱退の歴史の教訓は、政府のトップにはないらしい。

わが国の捕鯨基地はわずか数か箇所のはず。
この地域選出の代議士をみてみると、自民党の重鎮がいらっしゃる
何やら、脱退の裏に蠢く虫を想像するのはゲスの勘ぐりかな。

« 平凡がベストだったと身に染みる | トップページ | 女房を持ち上げ励む大掃除 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何やらに鯨にこもる黒い影:

« 平凡がベストだったと身に染みる | トップページ | 女房を持ち上げ励む大掃除 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本