2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 新聞の写真のオレは顔見せず | トップページ | 賀状ソフトお世話かけます今年また »

2018年12月 8日 (土)

野沢菜が運ぶ故郷の雪便り

  今年も実家から野沢菜が届いた。
青々とした丈が長い立派に育った青菜だ。

NHKの「サラメシ」でも野沢温泉村での収穫風景を放映していた。

カミさんが、今、この青菜を水洗いしている。
わが夫婦は同郷だから、野沢菜漬との付き合いは長い。
カミさんの漬けるのもお手のものだ。

この時季になると、毎年、野沢菜を洗って漬けていた亡き母を思い出す。
北国特有のどんよりした空、身を切るような風が吹き、初雪が降り始める。
一段と水の冷たさが感じる季節だ。
この寒さが野沢菜の味を引き締めているのかも知れない。

野沢菜を漬けていた母はもういない。
そして思い出すのは、母の作ったオヤキだ。

野沢菜漬けは、味が伝承されたが、母のオヤキの味は止まってしまった。
母が作った野沢菜のオヤキ、その味だけが今も舌に残っている気がする。

« 新聞の写真のオレは顔見せず | トップページ | 賀状ソフトお世話かけます今年また »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野沢菜が運ぶ故郷の雪便り:

« 新聞の写真のオレは顔見せず | トップページ | 賀状ソフトお世話かけます今年また »

無料ブログはココログ

お気に入りの本