2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 長州人栄枯盛衰てんこ盛り | トップページ | 歌合戦地球2号の暮れの宴 »

2018年12月30日 (日)

正月の酢蛸に釣られ荷を運ぶ

  カミさんと正月用品の買い出しに出かけた。
午前中は車でホームセンターへ。注連縄、鏡餅、切り餅、切り花などを買った。

自室に鉢植えの花が欲しくて探したのだが、なかなか適当なものが見つからない。
シクラメンの鉢があったので、他の商品と一緒にレジへ出したら、花は6,000円だと
いう。びっくりして花は返品した。こちらが値札を2,000円と見間違えしたようだ。

午後は、近くのスーパーへ食料品の買い出しに付き合った。
カミさんが、おせち料理を作ると言うので商品の運搬係を頼まれたんだ。
私がカミさんに、「今度の正月には酢蛸を食べたい」と言ったのを覚えていて、酢蛸
を買ってやるから荷物を運べとのご命令なんだ。店への道路が狭く車が混むので
歩いて行った。ビン類などがあり荷物は結構重かった。
でも、熱燗を酢蛸でイッパイを想像すれば重い荷物も軽く感じたね。

結局、花は諦めた。
窓辺のシャコバサボテンが蕾を付けだした。これでガマンしよう。

« 長州人栄枯盛衰てんこ盛り | トップページ | 歌合戦地球2号の暮れの宴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月の酢蛸に釣られ荷を運ぶ:

« 長州人栄枯盛衰てんこ盛り | トップページ | 歌合戦地球2号の暮れの宴 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本